適職検査−性格検査

適職検査の中には、性格検査というものがある。

性格検査では職業によって、人の相手をする仕事、一人でこつこつと取り組む仕事、いつも活動的に動き回る仕事といったように、性格によってなじみやすい、なじみにくいということがあるので、性格特徴をみることを重視している。

性格検査は、もとになった性格理論によって多くの種類がある。

相談で使われるものは、主に自己回答式で、質問に「はい」や「いいえ」で答えると、
その人の性格特徴がプロフィールの形で表される。

性格は自分自身で分かっているようで、分かっていない部分があるが、それを洗い出しくれる。

適職検査で自分に合っている仕事がほんとうに見つかるか、不安に思う人もいるだろう。

職業を決める方法は、その人によって様々で、事実、特に迷うことなく決められる人も多くいる。

迷っている場合や、決めるのに自信がない場合は、適職検査を受けてみて、その結果を参考にするのもひとつの方法だ。

また適職検査を受けていただくと、ご自分の特徴がいろいろな面から客観的に整理でき、職業との関係について多くの情報を提供することができる。

しかしそれによって選ぶ職業がただ1つに決まるものではない。

最終的に決めるのはあなたなのだ。


適職検査で診断

適職検査には様々な呼び方がある。

適性検査と呼ばれるものもあるし、性格検査や能力検査などと呼ばれている検査もある。

ここでは総称して適職検査と呼ばせていただいている。

適職検査は様々な場所で受けることができる。

例えば職業カウンセリングセンターでは、
職業や進路を選ぶ上で重要になる職業適性(仕事の向き・不向き)についての相談、
「職業カウンセリング(あるいはキャリアカウンセリング)」を行なっている。

適職検査の中には、職業興味検査というものがある。

職業興味検査は、職業に関する興味や関心の方向性を調べる検査で、
年齢や目的によって、種類がいくつかある。

世の中にある様々な職業を6〜12ぐらいの領域に分け、
どのような領域の職業に興味や関心があるか、
逆にどのような領域はやりたくない、避けたいかによって、
興味に合った職業分野や職種例を知ることができるというものだ。

適職検査の中には、いわゆる能力検査というものもある。

能力適性検査は、いろいろな仕事をするのに必要な基礎的能力(適性能)、
たとえば言語能力、図形認知能力、手先の器用さなどを調べる検査だ。
 
能力検査では時間を区切って設問に答えてゆくことで結果を出すものや、
実際に、様々な課題に取り組んで結果を出すものがある。

適性能力の得意、不得意が整理されて、職業の領域による向き、不向きがよくわかるようだ。


職業の適性と適職検査

適職検査は職業選択をする上でもとても役に立つ。

職業を選択する場合、私たちは「どんな仕事をしてみたいか」
「自分はどんな職業に適しているか」をまず考える。

また、具体的に希望の会社を選ぶときは、
その会社の事業内容、規模、労働条件などをできるだけ細かく検討する。

このような検討は職業を選択する場合の基本だろう。

ただしこれらのことが判断できないケースが増えてきている。

適職検査はこのような職業選択が正しく出来るように手助けするという役割がある。

「どんな仕事をしてみたいか」「自分はどんな職業に適しているか」をなかなか判断できない場合に、
適職検査の結果を見て、客観的に判断することが出来るようになる。

仕事や会社を選ぶとき、私たちは、実は生活そのものを選んでいるといえる。

例えば、機械技術者という職業を選んだときと、経理事務員という職業を選んだときとでは、
従事する仕事の内容が違うばかりではなく、毎日の生活の仕方、人間関係、生活環境、
時には余暇活動など仕事以外の活動までが違ってくるだろう。

職業を選択するということは、あなたの生活全体や生き方の選択に通ずることなのだ。

適職検査を用いて、自分に最適な職業を見つけることは非常に重要だ。

『知名度』『給料』『仕事内容』などのみに目を向けて仕事を探してしまうと、
本当に自分らしい生活を送ることが出来なくなるかもしれないからだ。

自分の表向きの願望ではなく、奥底に持っている本当の願望を探し出すことが、
適職を探す上で重要なことなのだ。

適職 適性 検査

適職検査は様々あるが、大事なことは自分が仕事を通じてどうなりたいかを明確にすることだと思う。

なぜならば仕事で生活がほぼ決まってくるからだ。

人は誰でも、自分にふさわしいライフスタイルを持ち、満足できる人生を送りたいと考えている。

ライフスタイルを選ぶことは、「どのような人生を歩むか」を決めることであり、それは、どんな職業に就くか、どんな家庭を持つか持たないか、どんな余暇活動をするか、どんな友人や知人と交友するのか、
はたまた、何によって精神的充実感を味わうかなどというように多くの要素によって決まってくるものだ。

適職検査は、このようなライフスタイルを決めるいくつかの要素の中で、
最も重要である職業をきちんと選択できるように導くために大切な検査となっている。

職業を選ぶということは、単に職業だけではなく同時にライフスタイルを選ぶことも含んでいるわけだ。

適職検査は性格や興味、能力などを見極めて最適な職業を選択できる手助けとなるだろう。

適職検査は様々な種類がある。

そして1回の検査で様々な要素を判断するものがほとんどだが、それらはどれも何百人、何千人のテストを経て、統計的に処理された結果を利用して作られているので、ある程度の客観的な信頼性を持っている。

適職検査

適職検査という言葉をご存知だろうか。

フリーターやニートは日本経済が一時の不況から脱却してきているというのに
増加の一途を辿っているようだが、フリーターやニートに何故正社員として働かないのかと問うと、
『やりたい仕事が見つからない』などの答えが返ってくる。

最近良く『自分探し』などという言葉を耳にする。

自分でも気がつかなかった、本当の自分を発見するために適職検査は存在する。

適職検査は、あなたが今、探そうとしている仕事、就いている仕事は、
本当に自分に向いているのかを診断するものなのだ。

仕事をしていて、ふと違和感を覚えることはないだろうか?

もしかすると、もっと向いているフィールドがあるのかもしれない、
そんな疑問を発見するために適職検査を利用しよう。

適職検査は最近の転職ブームにより、
採用試験時などに実施をおこなう企業がずいぶん増えてきた。

また転職サイトの多くが、その場で簡単に出来るネット上の適職検査を
行っていたりするようだ。

心理学や性格面など、様々な観点から問題を作成し、
多くの良い人材を発掘しようと努力しているのが現状のようだ。

適職検査は様々な職種が生まれている中、
本当に自分がやりたい仕事は何なのかというテーマに対して、
社会が対応しきれていない中、
客観的に自分の適性を見極めることができるツールとして重要視されてきているのだ。